スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Yes!プリキュア5「プリキュア5のシンデレラ物語」

「今度のサクセスは二本立て!」by.パワポケ

 ミルクはシンデレラ絵本をこまちから借りる
ミル「ミルクはこれを書き写して小説の勉強するミル」
のぞ「はぁ~? それじゃ盗作じゃん」
こま「小説は、書き写すことで文法を学んだりできるのよ」
かれ「このSSもそうね」
ミル「ちょっと書いてくるミル」
ミルク、居間を立つ

りん「ミルクが小説ねぇ~、どうなのかしら」
ナツ「小説はそう書けるものではない。だが、初めから上手くいく奴もいない」
こま「そのままずーっと書けない人もいっぱいいるんだけどね…」

~ナイトメア
ブン「ブラッディさーん、お茶が入りましたよー」

ブン「今月のアニメージュ、やっぱりルルーシュが一位でしたよー、ブラッディさん票だしました~?」

ブン「よし、居ないな…」
ブラッディの席に座るブンビー
ブン「お、いいすわり心地だねぇ~。この席やっぱり私が座った方がいいんじゃないかな。 …」
席を立つブンビー
ブン「駄目だ、私の描いていたサクセスストーリーはこんなものじゃない!」

~ナッツハウス
ミル「普通に書き写してもつまらないミル」
#### 小説 ###
昔々あるところにシンデレラというのぞみが居たミル。
シンデレラにはこまちという継母と、りんとかれんという姉が居たミル。
シンデレラはいつもみんなから苛められてたミル。
 ~ある日
こま「のぞみさん、ごめんなさいね… 役だから」
(シンデレラにバケツ水をぶっかけるこまち)
シン「うあぅ! あぁ…!」
りん「まぁシンデレラなんて短い物語だからささっと終わらせましょう」
(のぞみの前髪を掴み、洗面器に押し付けるりん)
かれ「シンデレラってこんなにもおぞましい物語だったのね…」
 ~次の朝
りん「あ、おはようシンデレラ。朝ごはん置いといたから、適当に食べといてね」
みんなはシンデレラを残して、買い物に出かけたミル。
シン「朝ごはん、朝ごはん~ 何かな~」
机の上には鼠の死体が三匹置いてあったミル。
シン「…」
 ~その夜
こま「私達は舞踏会に行って来るわね」
りん「留守番頼んだわよ、シンデレラ」
かれ「ちゃんと掃除しておくのよ」
シン「…行きたいなぁ」
その時、謎の飛行体が飛んできたミル。
??「ぬぅ~~~~」
シン「うわぁ!」
うら「魔法使いのうららです、シンデレラの願いを叶えてあげます」
シンデレラは魔法使いのおかげで舞踏会に参加できたミル。
#####
のぞ「ミルク~、おやつだよ~」
ミル「ミル!?」
原稿を隠すミルク
こま「わかるわ、見られたくないのよね」
りん「邪魔しちゃ駄目でしょ」
ミル「ちょっと場所を替えるミル」
外へ出るミルク

ブン「何持ってんの?」
ミル「ミル!!」
原稿を奪うブンビー
ブン「ん、これなかなか面白いね。だけどねぇ、髪を掴むんなら、どこからどんな風に掴んだか書いた方がいいよ。」
ミル「ミル…?」
ブン「ま、とにかく使わせて貰うよ」

小々「何か出た!」
外へ出ると、そこは舞踏会中の城であった
のぞ「こ、これは…」
ナツ「前にもこまちの海賊ハリケーンの中に入ったことが…」
かれ「ミルクの小説の中?」
ブン「やぁやぁ、さすがはパルミエ王国の王子様、似合ってるねぇ。今日ここに居たのが私であったことに感謝したまえ。もしショタが来てたら…」
のぞ「うるさい! プリキュア・メタモルフォーーーゼ!!」
ブン「ちょ、お前ら最後まで聞けよ! たく、舞踏会で武闘会だ!」
コワ「コワイナーー」
拡散レーザーを撃つコワイナー
ドリ「だりゃぁぁ!」
コワ「コワイナー!」
ブン「かぁー、まったく! 最近コワイナーの性能下がってんのか! あのショタジジイとカワリーノさんが経費横領してるのか!? おのれぇぇぇ!!」
ミン「はぁぁぁ!」
レモ「うりゃりゃー!」
ブン「おっ!!」
アク「はぁーー!」
ブン「のおぉぉ!」
ミルクをブンビーから取り返すドリーム
ドリ「プリキュア・クリスタルシューート!!」
コワイナー撃破
ブン「く、私のサクセスストーリーには続きがあるんだ!」
ブンビーを倒し、元の世界に帰るのぞみ達であった

~ナッツハウス
のぞ「ガラスの靴までこっちに来ちゃった…」
ミル「これはミルクのミル!」
のぞ「返して~!」

~番外
ブラ「ブンビー…」
ブン「うわ… な、何ですか? ブラッディさん…」
ブラ「私はソルジャー・ブルーに投票したよ。彼は死なせたくなかった」
ブン(聞いてたのかよ!?)
ハデ「あぁん? 何の話してるんだい?」
カワ「アニメキャラのランキングですね。私はリューナイトが好きです」
ハデ「そういや、再来週はデスパライア様が行くそうだね…」
 ~社長室
デス「クララが立った… ならば私も立たねばならんな…」

スポンサーサイト
プロフィール

赤いサクブス

Author:赤いサクブス
twitter:SuccubusRS

プリキュアとBLと永井豪作品が大好きな、
髪フェチ理系腐女子の赤いサクブスです。
(サクブスとはサキュバスのことなのです)

SRCやってます。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブロとも一覧

■ ブログ名:  ・
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。